Go to Contents Go to Navigation

韓国とロシア 軍事委開催へ=防空識別圏巡り直通電話設置など議論

政治 2019.10.23 06:01

【ソウル聯合ニュース】韓国とロシアの軍当局が23、24の両日にソウルで合同軍事委員会を開催し、防空識別圏の周辺での偶発的な衝突を防止するための方策などについて協議する。韓国政府消息筋が明らかにした。

韓国とロシア 軍事委開催へ=防空識別圏巡り直通電話設置など議論 - 1

 合同軍事委員会では防空識別圏やその周辺を飛行する航空機に関する情報交換のためのホットライン(直通電話)の設置や、そのための了解覚書(MOU)締結の時期や形式などについて話し合うという。

 韓国とロシアは昨年8月、両国の空軍を繋ぐ直通電話の設置に合意。同年11月には直通電話設置のためのMOUの内容についての協議を終えた。

 その後、進展がなかったが、7月23日にロシアのA50早期警戒管制機が独島付近の韓国領空を侵犯する事件が発生し、外交問題に発展したことで、ロシア側が韓国側との協力体制を緊急に構築する必要性を認識したことが分かった。

 韓国側は今回の会議で前日にロシア軍用機6機が韓国防空識別圏(KADIZ)に入ったことに強く抗議し、再発防止を求めることが分かった。

 7月23日にロシアの軍用機が独島付近の領空を2回にわたり侵犯した際には、韓国空軍戦闘機が緊急発進し、警告射撃などを実施した。ロシア軍用機は8月8日にもKADIZに侵入し、空軍が対応にあたった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。