Go to Contents Go to Navigation

起亜自動車の営業益 前期比45%減=7~9月

記事一覧 2019.10.24 17:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の起亜自動車が24日に発表した7~9月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比148.5%増の2915億ウォン(約270億円)、売上高は7.2%増の15兆895億ウォン、当期純利益は9.4%増の3258億ウォンだった。

起亜自動車の本社(資料写真)=(聯合ニュース)

 営業利益は前期比では45.4%急減。現代・起亜自動車が製造するエンジン「シータ2 GDi」の欠陥に伴うユーザー補償プログラムなど、品質関連費用として3100億ウォンが販売管理費に反映されたことが響いた。

 7~9月期の世界販売台数は前年同期比0.6%増の69万1151台を記録した。韓国国内販売は4.3%増の13万2447台、海外販売は0.2%減の55万8704台だった。

 起亜自動車の関係者は「世界的な貿易摩擦と主要地域の政治・経済的不安定が続き、全体的に市場需要が低迷した」としながら「こうした環境でも、高収益の新車販売拡大や為替の影響などで業績が改善した」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。