Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(10月28日)

◇収益性急落の「半導体コリア」 追い上げる米国・台湾企業

 半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)、米インテル、韓国のSKハイニックスに続き、サムスン電子が31日に7~9月期の連結決算(確報値)を発表する予定だ。いわゆる「半導体コリア連合軍」の業績が今年に入り下落傾向から抜け出せない間、米国と台湾の競合企業は躍進を続けている。サムスン電子とSKハイニックスが昨年過去最高益を記録する中で、持続的に提起されてきた「半導体メモリー偏重」の副作用への懸念が現実化したもので、システムLSI(大規模集積回路)や次世代半導体メモリーなどの育成が急がれるとの指摘が出ている。

SKハイニックスとサムスン電子のロゴ(資料写真)=(聯合ニュースTV)

◇中部地方で昼から雨 夜には突風・落雷も

 韓国は28日、全国的に晴れて昼から雲が多くなり、中部地方を中心に雨が降る。夜にはソウルと京畿道、江原道西部地域で突風を伴う落雷がある見通しだ。最高気温は16~21度で、前日(15~21度)並みの予想。未明から朝にかけては内陸地域を中心に霜や氷が観測されるところがありそうだ。大気の拡散が円滑で粒子状物質(PM)は「良い(低い)」~「普通」レベルと予想される。

首都圏などで降雨が予想される(資料写真)=(聯合ニュース)

◇「働きやすい中小企業」639社を発表 大韓商工会議所

 大韓商工会議所は韓国雇用情報院、韓国企業データ、就職情報サイトのサラムイン、ジョブプラネットと共同で今年の「働きやすい中小企業」639社を発表した。信用格付けや2年間の売上高の増加、前年度の収益率純増などの基準を満たした中小企業のうち、在職者による評価で上位30%に入った企業を選んだ。業種別では製造・化学227社、IT・ウェブ・通信198社、流通・貿易・運送業71社などだった。

◇韓国長寿企業 新事業に相次ぎ進出

 半世紀以上にわたり実績を積み重ね、地位を築いてきた韓国の長寿企業が新事業の開拓に乗り出している。台所用品メーカーのPN豊年は、先ごろ事業部を新設して電子レンジなど調理家電のレンタル事業に進出した。業界は急変する市場に対応するため、事業の多角化が不可欠だと説明した。また、特定製品への依存度が高かった企業はこれまで蓄積した技術とノウハウを新たな市場で活用できるかが再躍進の鍵になると分析した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。