Go to Contents Go to Navigation

日本路線15%減も 7~9月期の航空旅客が過去最多=韓国

記事一覧 2019.10.29 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国国土交通部が29日発表した資料によると、最近の韓日関係悪化を受けて韓国で日本旅行を控える動きが広がっている影響で、7~9月期に日本路線を利用した航空旅客が前年同期比で約15%減少した。ただ、ベトナム、フィリピン、台湾などアジア路線の旅客が増加したことで、航空旅客全体では同4.4%増の3123万人を記録し、四半期ベースで過去最多を更新した。

外国人旅行客で混み合う仁川国際空港(資料写真)=(聯合ニュース)

 国際線の旅客は前年比4.8%増の2291万人、国内線の旅行客は3.2%増の832万人だった。

 同部は国際線の旅客が増えた背景について、夏休みや秋夕(中秋節、今年は9月13日)の連休などの季節的要因、格安航空会社(LCC)の供給座席数拡大などを挙げている。

 国際線の旅客を路線別に見ると、日本とオセアニア路線が減少し、中国、アジア、米国、欧州路線は増加傾向を見せた。

 特に日本は日本旅行の自粛ムードにより、前年同期比14.6%減少した。7~9月期の日本路線は2016年に前年同期比33.9%増、17年に25.0%増、18年に3.5%増と増加を維持していた。

 中国路線は前年同期比12.2%増の496万人を記録した。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を巡り韓中関係が悪化する前の2016年の7~9月期に記録した578万人よりも少ないものの、回復を続けている。

 中国と日本を除いたアジア路線はベトナム(22.5%増)、フィリピン(35.6%増)、台湾(20.0%増)などで運航便が増えた影響で全体では13.3%増加した。

 国土交通部は、航空旅客が四半期ベースで過去最多を更新したものの、9月に限定すると日本路線の利用者が減った影響で0.3%減とマイナスを記録したと指摘。航空路線の多角化などを支援する一方、市場の動向の把握に努めると話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。