Go to Contents Go to Navigation

サムスンテレビが日本ブランド抑え1位 豪州の消費者満足度調査

記事一覧 2019.10.29 10:51

【ソウル聯合ニュース】オーストラリアの調査会社、キャンスター・ブルーが29日までに公表したテレビブランドの消費者満足度調査の結果で、韓国のサムスン電子が1位を獲得した。昨年の消費者満足度1位は日本のソニー、2位がサムスンだったが、今年はサムスンに次いで2位が日本のパナソニック、3位がソニーの順となった。

サムスンのQLEDテレビ(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 調査は直近2年間に発光ダイオード(LED)テレビ、液晶テレビ、有機ELテレビ、量子ドット技術を用いたQLEDテレビなどの新製品を購入したオーストラリアの成人1000人を対象に実施された。

 サムスン電子は五つの調査項目のうち、使いやすさ、コストパフォーマンスを除く画質、音質、スマート機能で最高の五つ星を獲得した。

 サムスンのQLEDテレビの技術について、キャンスター・ブルーは「より豊かで深い色を表現するための技術」だとし、「多額の費用がかかるが、だからといって軽視はできない」と説明した。

 今年は韓国のLG電子が4位と、昨年から順位を一つ上げた。使いやすさ、画質、音質などで四つ星を獲得した。

 一方、調査会社のGfKによると、サムスン電子はオーストラリアのテレビ市場で今年1~9月にシェア29.9%を記録し、1位をキープした。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。