Go to Contents Go to Navigation

徴用問題 「建設的な解決策」模索へ日本と意思疎通継続=韓国外交部

記事一覧 2019.10.29 17:12

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は29日の定例会見で、大法院(最高裁)が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた判決が出てから30日で1年となることについて、「司法部の決定を尊重し、被害者が救済され、両国関係を考慮しながら解決策を見つけるため、日本側と努力している」として、「建設的な方向に向け、意思疎通を続けている」と述べた。

韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 解決策として経済協力基金を創設する案が浮上しているとの報道については、「事実ではない」と否定した。

 これに関し、外交部当局者は「日本から別の提案はなかったか」との質問に、「提案し合う状況ではない」として、「(今は)隔たりを縮め、解決策を見つけるため努力している状況」と明らかにした。また、これまでの公式案は6月に韓国が提案した「1プラス1」(両国企業が自発的に基金をつくり慰謝料を支払う)案しかないと説明した。

 韓国政府が判決から1年を迎え、コメントを発表するなどの計画はないという。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。