Go to Contents Go to Navigation

文大統領の母「でも幸せだった」 29日に死去

記事一覧 2019.10.30 09:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の母、カン・ハンオクさんが29日、南部・釜山市内の病院で死去した。92歳だった。文大統領は病院でカンさんの最期をみとった。

生前のカンさん(中央)と文大統領夫妻(文大統領のブログより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 文大統領は30日早朝、自身の交流サイト(SNS)で母の死去を報告し、「永遠の安らぎと幸せを祈る」と書き込んだ。

 また、「一生帰ることができない故郷(北朝鮮咸鏡南道)を懐かしみ、苦労もしたが、『でも幸せだった』という言葉を残した」とつづった。その上で、「特に、私が政治の道に入ってからは平穏ではない政治のど真ん中に立っていることを見て、最後まで気をもんだと思う」として、「別れの時間が近づいていることに気付きながらも頻繁には(母のところに)顔を出せなかった」と悔やんだ。

 葬儀については、「家族や親戚のみで葬儀を執り行いたい」として、「多くの方々の弔意は心で受け止めることをご了承願いたい」と弔問は受けないと表明。「青瓦台(大統領府)や政府、政界もいつもと変わらず国政に臨むことを願う」とした。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。