Go to Contents Go to Navigation

韓国次官「慰安婦被害者の名誉回復へ努力続ける」 安保理討論会で

記事一覧 2019.10.30 15:25

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の李泰鎬(イ・テホ)第2次官は米ニューヨークで29日(米東部時間)、国連安全保障理事会の女性と平和、安全保障に関する公開討論会に出席し、紛争下の性的暴力への対応など国際社会の関連議論に積極的に加わるとの立場を表明した。特に、旧日本軍の慰安婦問題を念頭に「(韓国は)慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し、この問題を歴史的教訓とする努力を続けていく」と述べた。

公開討論会で発言する李次官(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 李氏はあわせて、紛争解決の過程における女性の参加拡大、紛争下での女性・女児の保護などに各国が一段と努めるべきだと促した。

 安保理は2000年に女性・平和・安全保障に関する決議第1325号を採択して以降、毎年1~2回の公開討論会を開いて関連議題の履行状況や今後の計画を話し合っている。今回は安保理を構成する15カ国をはじめとする約70カ国が出席した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。