Go to Contents Go to Navigation

安倍首相が弔電 文大統領母の死去受け

記事一覧 2019.10.30 21:58

【ソウル聯合ニュース】文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の母、カン・ハンオクさんの死去を受け、安倍晋三首相が30日、文大統領に弔電を送ったことが、複数の韓国与党関係者の話で分かった。

6月に大阪で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で握手する文大統領(左)と安倍首相=(聯合ニュース)

 日本の長嶺安政駐韓大使は同日午後、釜山市内の葬儀場を弔問に訪れ、文大統領に安倍首相の弔電を渡したという。

 悪化している韓日関係を巡って韓国政府が解決策を模索する中、安倍首相が弔電を送ったことで注目が集まる。

 韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は今月24日に東京で安倍氏と会談し、文大統領の親書を手渡した。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官はこの日、国会外交統一委員会で親書の内容について、「難しい懸案を克服して韓日の首脳が会えればいいという希望を表明したものと承知している」と明らかにしている。

 今月14日には文大統領が、台風19号によって日本が大規模な被害を受けたことを巡り、安倍晋三首相にお見舞いのメッセージを送った。これに対し安倍首相は23日、外交ルートを通じ、謝意を示す電報を送っている。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。