Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 文大統領母の死去で弔電=「深い哀悼の意」

記事一覧 2019.10.31 14:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の母、カン・ハンオクさんが死去したことを受け、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が30日、弔電を送った。韓国青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は31日、弔電について、「金委員長は深い追悼と哀悼の意を示し、文大統領にお見舞いのメッセージを伝えた」と述べた。

カンさんの出棺を見送る文大統領夫妻=31日、釜山(聯合ニュース)

 弔電は30日午後、青瓦台の尹建永(ユン・ゴンヨン)国政企画状況室長が南北軍事境界線がある板門店で北朝鮮側から受け取り、同日夜、釜山市内にある葬儀場で文大統領に手渡したという。

 金委員長は6月、故金大中(キム・デジュン)元韓国大統領の妻、李姫鎬(イ・ヒホ)さんが死去した際も弔電を送っている。当時は妹の金与正(キム・ヨジョン)党宣伝扇動部第1副部長を板門店に派遣し、弔電を渡した。

 金委員長が弔電を送ったことをきっかけに中断している南北対話が再開されるか注目される。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。