Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の飛翔体発射に「強い懸念」 意図を分析=韓国大統領府

記事一覧 2019.10.31 20:38

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は31日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会による会議を開き、北朝鮮が同日に飛翔体を発射したことについて、強い懸念を表明したと明らかにした。

 青瓦台は報道資料で、NSCは北朝鮮が飛翔体を発射した背景や意図を分析する一方、最近の朝鮮半島を巡る全般的な軍事安全保障状況を点検したと説明した。

 NSC常任委員らは特に金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が母を亡くした文在寅(ムン・ジェイン)大統領に弔電を送った翌日に発射が実施されたことと関連し、北朝鮮の意図を探るものとみられる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。