Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 北朝鮮に実務会談再提案へ=金剛山施設問題

北朝鮮 2019.11.01 16:12

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は1日、南北経済協力事業の金剛山観光問題を話し合うために韓国が提案した実務会談の開催を北朝鮮が拒否している状況に関連し、改めて当局間による実務会談の必要性を強調した。

北朝鮮は金剛山の韓国側施設の撤去を要求している=(聯合ニュースTV)

 韓国統一部の金銀漢(キム・ウンハン)副報道官は、この日の定例会見で「金剛山問題の解決に関してわれわれの立場は一貫している」とし、「問題解決のためには南北当局間はもちろん、南北の事業者間、そして韓国政府と事業者の間でも緊密な協議が必要だというのが政府の立場だ」と明らかにした。

 統一部は、先ごろ北朝鮮が金剛山の韓国側施設の撤去を要求したことについて「金剛山地区の新たな発展方向」を議論するために対面での実務会談を提案したが、北朝鮮はこれを拒否し、書面での協議を求める姿勢を崩していない。

 協議対象も韓国政府が提案した「新たな発展方向」ではなく、「施設の撤去」問題に限っている。

金銀漢副報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は先月31日、金剛山観光の事業者である韓国企業の現代峨山と韓国観光公社の代表に会い、北朝鮮が要求する韓国側施設の撤去などの問題を協議した。

 金長官が両代表に会ったのは北朝鮮が韓国側施設の撤去を求めてから初めてで、一部では事業者から意見を聞いた後、政府が北朝鮮に再び当局間による実務会談を提案するとの観測が出ている。

 統一部の関係者は「現在事業者から意見を聞いている段階だ」と述べ、別の関係者は北朝鮮の主張通り書面で施設の撤去問題を議論するとしても、結局は実務会談を開くしかないとの見方を示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。