Go to Contents Go to Navigation

韓国プロ野球の名将・金星根氏 来季もソフトバンク支える

記事一覧 2019.11.04 10:46

【ソウル聯合ニュース】韓国プロ野球のSKなどの元監督で、2018年から日本プロ野球・ソフトバンクのコーチングアドバイザーを務める元在日コリアンの金星根(キム・ソングン)氏(76)は4日までに、「来年もソフトバンクと一緒にやっていくことになった」と明らかにした。 

金星根氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 京都生まれの金氏は1960年代に韓国に渡り、実業団チームの左腕投手として活躍。引退後は韓国プロ野球の6球団で監督を務め、2007年と08年、10年にはSKを韓国シリーズ優勝に導いた。17年のシーズン半ばでハンファ監督を辞任すると、18年2月にソフトバンクのオファーを受け、コーチングアドバイザーに就いた。

 初年度は若手コーチの指導役を担った。今季はそれに加えて2、3軍の試合前後に監督・コーチのミーティングも主導するようになり、教えを請う選手も増えた。来季の役割はさらに拡大する可能性もある。

 金氏は韓国の野球、指導者の誇りを持ち続ける一方で、「教える側は常に学ばなければならない。今も新しいことを学んでいる」と語る。こうした姿勢にソフトバンクは来季もオファーしたようだ。

ティー打撃のトスを上げる金星根氏(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。