Go to Contents Go to Navigation

10月の日本車販売が前年比58%減 不買運動継続で=韓国

記事一覧 2019.11.05 11:49

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が5日発表した統計資料によると、韓国で10月に新規登録された日本ブランドの乗用車は1977台で、前年同月比58.4%減少した。日本による対韓輸出規制の強化を受けた日本製品の不買運動が続いていることが影響した。

日本車の不買を訴えるパフォーマンス(資料写真)=(聯合ニュース)

 日本車の販売台数は、不買運動が始まった7月(2674台)は前年同月比17.2%減だったが、8月(1398台)は56.9%減、9月(1103台)は59.8%減と減少幅が拡大した。今年の累計では3万634台で前年同期比13.1%減となった。

 10月のブランド別の日本車販売台数は、レクサス(トヨタ自動車)が456台で前年同月比77.0%急減した。トヨタは408台で69.6%、日産は139台で65.7%、それぞれ大幅に減少した。ホンダは806台で8.4%減、インフィニティ(日産自動車)は168台で12.0%増加した。

 日本車の販売が低迷する一方、メルセデス・ベンツは8025台と、韓国市場で輸入車として初めて月間8000台以上を販売した。このほかBMWが4122台、アウディが2210台、ジープが1361台、ボルボが940台などだった。

 10月の輸入車全体の新規登録台数は2万2101台で前年同月比6.2%増加した。1~10月の累計は前年同期比13.2%減の18万9194台だった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。