Go to Contents Go to Navigation

アイドル発掘番組の投票操作疑惑 制作関係者を逮捕=韓国

芸能・スポーツ 2019.11.05 21:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の音楽専門チャンネルMnetが放送したアイドル発掘番組「プロデュースX(エックス)101」での視聴者投票結果の不正操作疑惑で、番組制作関係者が逮捕された。

アイドル発掘番組「プロデュースX(エックス)101」を担当したプロデューサーのアン・ジュンヨン氏=5日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウル中央地裁は5日、逮捕の必要性と妥当性が認められるとして、同番組を担当したプロデューサーのアン・ジュンヨン氏とチーフプロデューサーのキム・ヨンボム氏の逮捕状を発付した。

 「プロデュースX101」はアイドルデビューを目指して芸能事務所に所属する練習生の公開オーディション「プロデュース101」のシーズン4。アン氏らはシーズン1~4の視聴者投票の結果に手を加えることで特定のデビュー候補者に利益に与えた疑い(詐欺など)が持たれている。

 警察は制作会社などの家宅捜索で押収した資料を分析したり関係者から聞き取りしたりした結果、制作関係者が特定の芸能事務所と共謀してデビュー候補者の順位を操作したことをつかんだとされる。

 「プロデュースX101」の投票操作の疑惑は、最終回でのデビューメンバーを選ぶ視聴者投票の結果、大方の予想に反して有力な候補者が脱落し、意外な候補がメンバーに入ったことをきっかけに持ち上がった。疑惑の広がりを受け、Mnetは7月に警察に捜査を依頼した。視聴者も真相究明を求める委員会を立ち上げ、制作関係者を詐欺の疑いで告訴した。

hjc@yna.co.kr

最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。