Go to Contents Go to Navigation

[韓流]パク・チャヌク監督 ジュネーブ国際映画祭で受賞

芸能・スポーツ 2019.11.06 10:16

【ジュネーブ聯合ニュース】スイスのジュネーブで開催されているジュネーブ国際映画祭で5日(現地時間)、韓国のパク・チャヌク監督が「フィルム&ビヨンド」賞を受賞した。

あいさつするパク・チャヌク監督=5日、ジュネーブ(聯合ニュース)

 映画祭側は、映画をはじめ幅広い分野でのパク氏の功労を認めて同賞を授与すると説明した。パク氏の作品「お嬢さん」など長編2作品と短編3作品が10日まで上映される。

 パク氏は「本来この賞はキャリアの長い引退間近の監督に贈られる。自分のキャリアの中間決算だと思い、ありがたくいただく」と語った。これまで26年間、映画に携わってきたとしながら、26年後の2045年にキャリアを終える時には再び映画祭に呼んでほしいと、今後の活動に意欲を示した。

受賞のスピーチをするパク・チャヌク監督=5日、ジュネーブ(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。