Go to Contents Go to Navigation

APEC観光実務グループ会議 韓国・麗水で開催へ=協力策議論

記事一覧 2019.11.06 11:09

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部は6日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)、韓国観光公社と共同で8日から3日間、全羅南道・麗水で「第55回APEC観光実務グループ会議」を開くと発表した。

麗水市にある観光スポット(資料写真、同市提供)=(聯合ニュース)

 会議にはAPECに参加する21カ国・地域の観光関連の実務者が集まる。観光政策情報を共有するとともに、地域の観光産業発展のための協力策を議論する。

 1991年から毎年2回定例会議が開かれており、韓国は2004年の第24回会議を全羅北道・全州で、05年の第26回会議を釜山で開催した。

 今回の会議に韓国からは文化体育観光部の観光政策局長ら40人が出席。今年は参加国の出席を広く促すため、テレビ会議も行われる。

 初日の8日には「APEC域内観光産業活性化策」をテーマに、各国が自国の「持続可能な観光推進現況」について発表する。

 2日目の9日には、APEC観光実務グループの今後5年間の方向性を提示する「戦略的計画2020―2024」策定のための議論が実施される。

 最終日の10日には希望者を対象に麗水と全羅南道・順天の観光地を回る視察が行われる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。