Go to Contents Go to Navigation

韓国に入国した脱北者 10月までに828人=年間では前年並みか

北朝鮮 2019.11.06 15:55

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は6日、今年1月から10月までに韓国に入国した北朝鮮脱出住民(脱北者)は計828人だったと発表した。

統一部=(聯合ニュースTV)

 内訳は1~3月が229人、4~6月が319人、7~9月が223人、10月が57人。

 近年は四半期ベースで200~300人の脱北者が入国していることから、今年1年間の脱北者の数は前年(1137人)並みになるとみられる。

 韓国入りした脱北者の数は2005年(1384人)以降増加し、2009年には2914人まで増えたが、その後は減少傾向が続いた。北朝鮮で12年に金正恩(キム・ジョンウン)政権が発足してからは年間1000~1500人を維持している。

脱北者の韓国定着支援については死角が少なくないとの指摘が出ている=(聯合ニュースTV)

 韓国政府は7月から、これまで700万ウォン(約66万円)が支給されていた脱北者定着基本金を800万ウォンに増額するなど、脱北者の安定的な定着のためにさまざまな福祉支援システムを運用しているが、依然として支援の届かない死角が少なくないと指摘されている。

 7月には09年に韓国社会に定着した脱北者母子がソウル市内の賃貸マンションで遺体で発見され、餓死の可能性も提起された。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。