Go to Contents Go to Navigation

YGエンタ創業者を脅迫容疑で立件 iKON元メンバーの薬物購入疑惑もみ消しか

芸能・スポーツ 2019.11.06 17:41

【水原聯合ニュース】韓国の京畿南部地方警察庁が、男性グループiKON(アイコン)の元リーダーで、過去の薬物購入疑惑が報じられてグループから脱退したB.I(ビーアイ、本名キム・ハンビン)さん(23)が所属していた大手芸能事務所YGエンターテインメントの創業者、梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)氏(49)を脅迫などの容疑で立件したことが、6日分かった。

梁氏は今年8月、常習賭博と性売買あっせんの疑いでも警察の取り調べを受けた=(聯合ニュース)

 梁氏は2016年8月、B.Iさんの知人が薬物使用容疑で逮捕された際に警察の取り調べでB.Iさんの薬物購入疑惑について供述したことを受け、この知人を懐柔・脅迫して供述を覆させた疑いがある。

 また、その見返りとして弁護士費用をYGエンターテインメントから支払ったとして、業務上背任の疑いも持たれている。

 このほか、供述を覆させたことにより犯罪を犯した疑いがあるB.Iさんに対する警察の捜査を妨害したことは犯人隠避教唆に当たるとされた。

 この知人は今年6月に国民権益委員会に疑惑を通報。警察は梁氏の容疑を立証する証拠の収集に注力してきた。

 証拠がある程度確保できたと判断した警察は梁氏に出頭を求めたが、日程がメディアで報じられると梁氏は出頭を取りやめる意向を伝えた。

 警察関係者は「梁氏と再び日程を調整して近く取り調べを行う」とし、「知人が提起した疑惑について徹底的に捜査し、疑問が残らないようにする」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。