Go to Contents Go to Navigation

「不自由展」出品作も 慰安婦被害者テーマの写真展開幕=韓国

記事一覧 2019.11.06 17:31

【光州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者をテーマにした写真展「重重 消せない痕跡」が6日、韓国・光州の5・18民主化運動記録館で開幕した。20日まで。

写真展の様子=6日、光州(聯合ニュース)

 韓国人写真家の安世鴻(アン・セホン)氏が1996年から最近まで中国、フィリピン、インドネシアなどで会った140人余りの被害者の姿を収めた写真が展示されている。

 愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、日本の政治家の圧力や右翼の脅迫などにより一時展示中止に追い込まれた企画展「表現の不自由展・その後」への出展作品も展示される。

 安氏は光州を皮切りに、済州、釜山、大田など全国を回る写真展を企画している。

写真展の展示作品=6日、光州(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。