Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(11月8日)

社会・文化 2019.11.08 18:00

◇「GSOMIA終了で中朝に利益」 外相は否定せず

 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は8日の国会予算決算特別委員会で、今月23日に韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が予定通り失効した場合、北朝鮮と中国が安全保障上の利益を得るとの最大野党・自由韓国党の金碩基(キム・ソクキ)議員の指摘に対し「そのように評価できそうだ」と述べた。康氏は「GSOMIA終了で得られる国益は何か」との質問には「韓日間が対立する状況で出た避けられない決定だった」とし、「不当な報復措置を突然受けた時に原則的な立場を取ることも国益の一部だ」と強調した。

発言する康長官=8日、ソウル(聯合ニュース)

◇文大統領「公正な社会づくりに総力」 高官ら退任後の厚遇・採用不正容認せず

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は青瓦台(大統領府)で「公正社会に向けた反腐敗政策協議会」を開き、法曹界や高位公職者の前官礼遇(退任後の厚遇)根絶、違法な私教育、採用不正などについて、「公正な社会づくりのため、必ず解決しなければならない課題」として、「実効性のある方策をすべて用い、強力な対策を講じることが必要だ」と述べた。また、検察改革については「これからの課題は尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長以外の誰が検事総長になっても揺らぐことのない公正な反腐敗システムを構築し定着させること」と強調した。

◇韓米が15日に定例安保協議 韓日GSOMIAなど議題に

 韓国と米国の国防当局が15日にソウルで定例安保協議(SCM)を開く。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官とエスパー国防長官が共同で主宰し、両国の国防・外交担当高官が出席する。米国は、韓国が終了を決定した韓日GSOMIAの維持や在韓米軍の駐留経費負担(思いやり予算)の増額を求めており、協議の結果が注目される。

◇アシアナ航空の買収 現代産業開発と愛敬の一騎打ちか 

 韓国航空大手、アシアナ航空の売却先を決める本入札が7日に締め切られ、同社筆頭株主の錦湖産業が早速、応札した三つのコンソーシアムの資料検討を進めていることが分かった。1週間以内に優先交渉権者を発表し、速やかな売却を目指す。買収合戦は現代産業開発コンソーシアムと愛敬コンソーシアムの一騎打ちになると予想されている。現代産業開発コンソーシアムが愛敬コンソーシアムの提示額を約1兆ウォン(943億円)上回ったことから、優先交渉権者選びで有利な立場に立ったとの見方も出ている。

◇聯合ニュース アジア・太平洋通信社機構の新会長社に

 アジア・太平洋通信社機構(OANA)は8日、ソウルで開かれた第17回総会で、韓国の聯合ニュースを新たな会長社に全会一致で選出した。会長社の任期は3年で、理事会や総会などの議題を準備するほか、OANAのウェブサイトの運営など事務局の役割を担う。聯合ニュースが会長社を務めるのは初めて。アジアなどの各通信社との交流・協力を拡大し、「メディア外交」の役割を果たす。OANAはアジア・太平洋地域での円滑なニュース情報交流、域内外の通信社間の協力強化などを目的に1961年に設立された。聯合ニュースや北朝鮮の朝鮮中央通信、中国の新華社、日本の共同通信、ロシアのタス通信など35カ国・地域の43通信社が加盟している。また聯合ニュースはこの日、共同通信と交流・協力の拡大に関する了解覚書を締結した。社員間の交流拡大や、2020年東京五輪の成功に向けた大会期間中の緊密な協力を盛り込んだ。

◇サムスンが折り畳みスマホを中国で発売 オンラインでは5分で完売

 サムスン電子の折り畳み(フォルダブル)式スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーフォールド」が中国で発売され、オンラインストアでは5分で売り切れた。同社は今回、オンラインストアと実店舗に約2万台を供給したとされる。ギャラクシーフォールドに続き、中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)も近く中国市場で折り畳み式スマホを発売する予定で、進んだ技術力を象徴する折り畳み式スマホ市場を巡って両社が激しい競争を繰り広げる見通しだ。

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。