Go to Contents Go to Navigation

「変則スイング」の崔虎星 1年ぶりV=日本男子ゴルフ

記事一覧 2019.11.10 15:25

【ソウル聯合ニュース】日本男子ゴルフの平和PGM選手権は10日、沖縄県PGMリゾート(7226ヤード、パー71)で最終ラウンドが行われ、首位から出た韓国の崔虎星(チェ・ホソン、46)が4バーディー、ノーボギーの67で回り、通算14アンダーの270で今季初勝利を挙げた。優勝は昨年11月のカシオワールドオープン以来1年ぶりで、通算3勝目。

昨年11月のカシオワールドオープンに出場した崔(資料写真)=(共同=聯合ニュース)

 今季の日本男子ツアーで韓国人選手の優勝は3度目。

 インパクトの後に足を跳ね上げながら体を回転させる変則スイングで知られる崔は、日本では「虎さん」の愛称で親しまれている。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。