Go to Contents Go to Navigation

韓国・ハイト真露の焼酎チャミスル フルーツ風味が人気で輸出急増

記事一覧 2019.11.11 13:15

【ソウル聯合ニュース】韓国の大手酒類メーカー、ハイト真露の焼酎ブランド「チャミスル」のフルーツフレーバーが海外で販売を大きく伸ばしている。

ハイト真露が輸出しているチャミスルのフルーツフレーバー(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ハイト真露は11日、フルーツフレーバー4種の海外販売量が2016年からの4年間で年平均105%増加したと明らかにした。これにより、同社の焼酎全体の輸出量に占める割合は16年の2.7%から今年は17.6%に拡大した。

 世界的に韓国焼酎の認知度が上がる中、ハイト真露はフルーツフレーバーを輸出の主力商品にしようと、オリジナルのチャミスルとあわせて売り込みを図ってきた。ラインアップの拡充にも取り組み、輸出専用商品として昨年はすもも、今年はストロベリーを加えた。

 特に東南アジアと中国語圏、米州でフルーツフレーバーの人気が高いという。また、四つのフレーバーのうち海外で最も人気を集めているのはマスカットと分かった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。