Go to Contents Go to Navigation

サムスン折り畳みスマホが中国で大人気 2次販売分も売り切れ

IT・科学 2019.11.11 14:49

【北京聯合ニュース】韓国・サムスン電子は11日、初の折り畳みスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーフォールド」の中国での2次販売分が売り切れたと発表した。

サムスン電子が上海にオープンしたモバイル機器旗艦店で「ギャラクシーフォールド」を手にする消費者(資料写真)=(聯合ニュース)

 2次販売は、中国ネット通販最大の商戦日「独身の日」(11月11日)の午前10時から行われた。同日午後8時からもう一度販売される。

 ギャラクシーフォールドは8日に中国で発売され、オンラインストアと実店舗で完売。電子商取引(EC)最大手のアリババと京東(JDドットコム)ではそれぞれ2秒で売り切れた。

 サムスン電子が先月、上海中心部の繁華街、南京東路にオープンしたモバイル機器旗艦店でも、同製品を買い求める客が列をつくった。

 中国市場でのシェアが1%以下に落ち込み、再起を狙うサムスン電子としては非常に喜ばしい現象といえる。

北京市内の「ギャラクシーフォールド」の広告=(聯合ニュース)

 中国で販売されるギャラクシーフォールドは従来規格の4G対応モデル。価格は1万5999元(約25万円)で韓国での価格よりやや高いが、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が中国で15日に発売する折り畳みスマホ「Mate X」に比べると1000元安い。

 ギャラクシーフォールドの中国での供給台数は2万台程度とされるが、サムスン電子は製品の販売台数を明らかにしなかった。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。