Go to Contents Go to Navigation

アシアナ航空買収 現代産業開発コンソーシアムが優先交渉権者に

記事一覧 2019.11.12 14:17

【ソウル聯合ニュース】韓国航空大手、アシアナ航空の売却を巡る優先交渉権者に、HDC現代産業開発と未来アセットによるコンソーシアム(企業連合)が選ばれた。アシアナ航空筆頭株主の錦湖産業が12日の取締役会で決定し、発表した。

アシアナ航空の旅客機(資料写真)=(聯合ニュース)

 HDC現代産業開発と未来アセットのコンソーシアムは、売却の本入札に応札した3陣営のうち最も高い2兆4000億~2兆5000億ウォン(約2250億~2340億円)程度の買収価格を提示したとされ、選定が有力視されていた。

 今回のアシアナ航空買収では、錦湖産業が保有する6868万8063株のアシアナ航空株(発行済み株式数の31.0%)とアシアナ航空が発行する新株(普通株式)を取得する。格安航空会社(LCC)のエアソウルとエアプサンをはじめとするアシアナ航空子会社6社の経営権もまとめて取得することになる。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。