Go to Contents Go to Navigation

韓国の10月失業率3.0%に改善 就業者増加数は40万人台

記事一覧 2019.11.13 09:53

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が13日発表した雇用動向によると、10月の失業率は3.0%で、前年同月に比べ0.5ポイント改善した。10月としては2013年(2.7%)以来の低水準となった。

上は就業者増加数(単位:万人)と就業率の推移、下は失業者数(同)と失業率の推移=(聯合ニュース)

 若年層(15~29歳)の失業率は7.2%で、前年同月比1.2ポイント改善した。10月では7年ぶりの低さ。

 実感に近い失業率とされる雇用補助指標も10.6%と、0.5ポイント改善した。

 10月の失業者数は86万4000人で前年同月比10万8000人減少した。

 就業者数は2750万9000人だった。前年同月比の増加数は41万9000人で、3カ月連続で30万人を上回った。

 15歳以上の就業率は0.5ポイント高い61.7%で、10月としては23年ぶりの高水準だった。

 統計庁の担当課長は、就業者数の増加幅が40万人台と大きい割に製造業と卸・小売業で大幅減となるなど、雇用にプラス面とマイナス面が混在していると説明した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。