Go to Contents Go to Navigation

ソウル市 スクランブル交差点数を2倍に=23年までに240カ所

記事一覧 2019.11.13 11:49

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は13日、歩行者が交差点内をどの方向にも進めるようにするスクランブル交差点を増やす方針を明らかにした。歩行者の安全や渡りやすさを考慮した。現在は市内に120カ所ほどあるが、来年から順次設置して2023年には240カ所にする計画だ。

スクランブル交差点のイメージ(ソウル市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ソウル市が市内の交差点を全数調査した結果、新たにスクランブル交差点を設置できる場所が516カ所あることが分かった。毎年30カ所以上設置していく予定。これまでは支線などの狭い道路が中心だったが、今後は幹線道路など広い道路にも設置する。 

 市はあわせて、歩行者用信号機を観光客の流れや時間帯、曜日ごとの歩行者の通行量に応じて信号制御することを検討している。自動車の交通渋滞の緩和が狙いだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。