Go to Contents Go to Navigation

オーディション番組の制作関係者2人送検 投票操作疑惑=韓国

記事一覧 2019.11.14 11:03

【ソウル聯合ニュース】ソウル地方警察庁は14日、韓国の音楽専門チャンネルMnetが放送したアイドルオーディション番組「プロデュースX(エックス)101」で視聴者投票結果を不正操作したとされる番組制作関係者2人の身柄を検察に送った。起訴相当の意見を付けた。

ソウル鍾路警察署から送検される番組制作関係者=14日、ソウル(聯合ニュース)

 番組担当プロデューサーのアン・ジュンヨン氏とチーフプロデューサーのキム・ヨンボム氏は詐欺などの容疑で5日に逮捕され、警察署で取り調べを受けてきた。この日午前、「投票操作の疑いを認めるか」との報道陣の質問に、アン氏は「すみません」とだけ言い、護送車に乗り込んだ。

 「プロデュースX101」は芸能事務所に所属してアイドルデビューを目指す練習生の公開オーディション番組「プロデュース101」のシーズン4。アン氏らはシーズン1~4の視聴者投票の結果に手を加えることで特定のデビュー候補者に利益に与えた疑いが持たれている。

 警察の取り調べでアン氏はシーズン3と4で投票結果の順位を操作したことを認めたとされる。アン氏が昨年以降、芸能事務所から遊興店(キャバクラなど)で何度も接待を受けたことも分かった。接待の総額は数千万ウォン(1000万ウォンは約93万円)に上るようだ。

 警察はシリーズ全般で投票操作があったとみて、制作関係者だけでなく芸能事務所関係者、Mnetを運営するコンテンツ大手CJ ENM幹部など約10人を立件して調べを進めている。

 「プロデュースX101」の投票操作の疑惑は今年7月、視聴者投票によりデビューメンバーを選ぶ最終回の放送で大方の予想に反して有力候補が脱落し、意外な候補がメンバーに入ったことをきっかけに持ち上がった。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。