Go to Contents Go to Navigation

文大統領 米国防長官ときょう面会=GSOMIA・合同演習巡る議論に注目

記事一覧 2019.11.15 05:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、青瓦台(大統領府)でエスパー米国防長官、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長と面会する。

GSOMIAの失効期限が迫る中、米国が韓国への圧力を強めている=(聯合ニュースTV)

 今回の面会は、23日午前0時に効力を失う韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)や在韓米軍の駐留経費負担を巡る交渉など懸案が山積する中で行われ、特に注目される。

 米当局者からはGSOMIA延長を求めるメッセージが相次いで発信されており、エスパー氏とミリー氏も同様の言及を行うのではないかとの観測が出ている。

 また、この席で韓米合同軍事演習についても議論が行われる見通しだ。エスパー氏は北朝鮮との非核化対話推進のため、韓米合同軍事演習をさらに縮小する可能性があると明らかにしている。

 このほか、米国が大幅な増額を要求している在韓米軍の駐留経費負担について話し合われるかも注目される。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。