Go to Contents Go to Navigation

韓国入国求めた兵役逃れ疑惑の歌手勝訴 外交部が再上告へ

記事一覧 2019.11.15 16:48

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は15日、兵役逃れ疑惑により韓国入国が禁止されている歌手のユ・スンジュンさん(42)が在ロサンゼルス韓国総領事館に査証発給拒否処分取り消しを求めた訴訟の差し戻し審判決で勝訴したことを受け、大法院(最高裁)に再上告する方針を明らかにした。

外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 同部当局者は「大法院に再上告し最終的な判断を求める予定。外交部は今後、再上告などを進める過程で法務部、兵務庁など関係官庁と緊密に協力する」と述べた。

 韓国で1997年にデビュー後、トップスターとして活動していたユさんは2002年1月、韓国国籍を放棄し米市民権を取得した。当時、ユさんは3カ月後に兵役に就く予定だったため兵役逃れ疑惑が持ち上がり、非難の声が高まった。これを受け韓国法務部は出入国管理法に基づきユさんの入国を禁止した。

 ユさんは2015年、韓国内での営利活動が可能な在外同胞ビザ(F―4)をロサンゼルスの韓国総領事館に申請したが却下され、訴訟を起こした。

 16年の一審、17年の二審ともに敗訴したが、今年7月、大法院は領事館がビザ発給を拒否したのは違法だとして、ソウル高裁に審理を差し戻した。

 差し戻し審判決で、ソウル高裁はユさんの訴えを認め、査証発給拒否処分を取り消した。

ユ・スンジュンさん(資料写真)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。