Go to Contents Go to Navigation

韓米合同訓練延期 「米朝交渉の再開で実質的な進展期待」=韓国大統領府

記事一覧 2019.11.17 17:12

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は17日、韓米の国防当局が今月の開催を予定していた韓米両空軍による合同訓練の延期を決めたことについて、「朝米(米朝)対話に向けた実務交渉が速やかに再開され、北の非核化と朝鮮半島の平和プロセスに向けた実質的な進展があることを期待する」との立場を示した。

韓国青瓦台(大統領府)=(聯合ニュース)

 青瓦台関係者は「最終目標は朝鮮半島の平和プロセスと非核化で、(現在は)その最終目標に向かう線上にある。いずれにせよ、今は朝鮮半島の平和に関して進行形であるため、青瓦台も慎重に状況を見守っている」と話した。

 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官とエスパー米国防長官はこの日、タイ・バンコクで開かれた韓米国防相会談で、韓米両空軍による合同訓練の延期を決めた。

 エスパー長官は会見で、「両国のこうした決定は外交的努力と平和を促進する環境をつくるための善意の措置」と強調。北朝鮮もまた演習と訓練、(ミサイル)試射を実施する決定をする際、これに相応する誠意を示すよう呼びかけるとともに、条件なしに対話に戻るよう求めた。

記者会見する韓国の鄭景斗・国防部長官(左)とエスパー米国防長官=17日、バンコク(聯合ニュース)

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。