Go to Contents Go to Navigation

日米「GSOMIA維持」で韓国に圧力 3カ国国防相会談

記事一覧 2019.11.17 18:13

【バンコク聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は17日午後、タイ・バンコクで、エスパー米国防長官、日本の河野太郎防衛相と韓米日3カ国国防相会談を行った。日米は今月23日午前0時の失効期限が迫る韓日間の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に直接言及しなかったものの、情報共有の重要性を強調し、韓国に圧力をかけた。

会談前に記念撮影する韓米日3カ国の国防相=17日、バンコク(聯合ニュース)

 エスパー国防長官は「われわれ皆が共同の目標を達成するため、緊密に協力することが重要だ。これは先を見渡し、中国と北朝鮮が得をする問題を乗り越えることを意味する」と、情報共有の重要性に言及した。GSOMIAの維持を求める米国の立場を改めて強調したものと受け止められる。

 河野防衛相は北朝鮮の核兵器とミサイル破棄で具体的な進展がないと指摘。こうした状況で3カ国間の防衛協力を拡大し、地域の平和と安定を維持するため、あらゆる努力を傾けるべきだと述べた。これもまた、GSOMIAを含む3カ国の安保協力の拡大を強調したと解釈できる。

 鄭長官は「昨今、隣接友邦国である韓日間でも歴史、政治、経済の問題で安保協力において大小の困難に直面している」と述べた。

 韓国国防部は会談後の報道資料で、「3カ国長官は韓米日3カ国が主導する安保協力などが域内の平和と安定を維持することに重要な役割を果たしていると強調し、情報共有と高官級政策協議、合同訓練を含め3カ国の安保協力を拡大することで一致した」と発表した。

 北朝鮮問題については「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着達成に向けた外交的努力の支援について韓米日3カ国が緊密に協力することで一致した。最近の北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する各国の評価を共有し、関連動向を引き続き注視することにした」と伝えた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。