Go to Contents Go to Navigation

韓中がFTAのサービス・投資・金融分野交渉 あすから

記事一覧 2019.11.18 11:46

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国は中国・北京で19日から3日間、韓中自由貿易協定(FTA)のサービス貿易と投資分野の交渉を行う。韓国産業通商資源部が18日、発表した。

韓中の過去の交渉(資料写真、産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 両国はサービス、投資、金融分野の市場開放交渉や協定文の主要争点などについて議論する予定。韓国は高い水準の自由化の原則と関心分野の市場開放を積極的に求める。

 産業通商資源部関係者は「今回の交渉は、不確実性が増す貿易環境の中で自由貿易拡大に対する両国の意思を再確認する機会」と説明した。韓国にとって中国は最大のサービス輸出先としながら、「中国市場での優位と投資家保護の制度的な枠組みを設ける契機になるだろう」と見込んだ。

 韓国の2018年の対中サービス輸出額は187億ドル(約2兆350億円)で、対米(167億ドル)、対日(87億ドル)輸出実績を上回り1位だった。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。