Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 また米に敵視政策の撤回要求=高官が談話

記事一覧 2019.11.19 07:56

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長(朝鮮アジア太平洋平和委員長)は19日未明、韓米が空軍合同訓練の延期を決めたことに対し談話を発表し、「われわれが米国に望んでいるのは(訓練の)完全な中止だ」とした上で、敵視政策を撤回するまで非核化交渉に応じるつもりはないと明言した。 

金英哲氏(中央)=(聯合ニュース)

 エスパー米国防長官は17日、今月の開催を予定していた韓米両空軍による合同訓練を延期したと発表。「(韓米)両国の決定は外交的努力と平和を促進する環境をつくるための善意の措置」と強調しながら「北朝鮮もまた演習と訓練、(ミサイル)試射を実施する決定をする際、これに相応する誠意を示してほしい」と呼びかけていた。

 北朝鮮は非核化交渉の期限を自ら年末と設定し、米国にさまざまな圧力をかけている。前日の18日には金桂官(キム・ゲグァン)外務省顧問が談話を発表し、米国に敵視政策の撤回を求めた。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。