Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮高官の談話 従来の対米要求姿勢を強化=韓国当局者

記事一覧 2019.11.19 13:33

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長(朝鮮アジア太平洋平和委員長)が米国との非核化交渉の前提条件として北朝鮮への敵視政策の撤回を挙げたことについて、韓国統一部関係者は19日、「これまで強調し続けてきた『新たな計算法』への姿勢を強化したもの」との見方を示した。北朝鮮は非核化交渉の期限を年末と切りながら、米国に「新たな計算法」を要求している。

金英哲・朝鮮労働党副委員長(右)とポンペオ米国務長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 対話期限が近づく中、北朝鮮は金英哲氏と金桂官(キム・ゲグァン)外務省顧問が相次ぎ談話を発表した。この統一部関係者は、金英哲氏の談話内容を見ると、米国に「新たな計算法」を求めるこれまでの立場と変わりはないとした。

 北朝鮮が求める「新たな計算法」とは、体制の安全の保証と北朝鮮に対する制裁の緩和・解除に要約される。

 この関係者は、敵視政策撤回の要求について「今に始まったことでなく、朝米(米朝)交渉の歴史と同じくらい非常に長い」と指摘し、「新たな計算法」という従来の立場を強化したものとの見解を示した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。