Go to Contents Go to Navigation

韓日のメディア労組 ソウルで交流事業=25日にシンポ開催

記事一覧 2019.11.20 20:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の「全国言論労働組合」と、日本の新聞労連や民放労連などでつくる「日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)」は24~25日、ソウルで交流事業を実施する。

シンポジウムのポスター(全国言論労組提供)=(聯合ニュース)

 両団体は9月末、両国関係が冷え込む中、「排他的ナショナリズムを助長する報道には加担しない」などとする共同宣言を出している。

 MICの代表団は24日、旧日本軍の慰安府被害者の惨状を記憶し教育する目的で設立された「戦争と女性人権博物館」を訪れ、25日には女性の人権やメディアの信頼回復などをテーマにシンポジウムを開催する。

 シンポジウムには慰安婦被害者の金学順(キム・ハクスン)さん(1997年死去)の証言を初めて報道した元朝日新聞記者の植村隆氏や菅義偉官房長官の記者会見での厳しい質問で知られる東京新聞の望月衣塑子氏らがパネラーとして参加する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。