Go to Contents Go to Navigation

22年から兵役人員が不足 代替服務の人数縮小へ=韓国首相 

記事一覧 2019.11.21 10:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は21日、政府世宗庁舎で開かれた国政懸案点検調整会議で、政府が発表した兵役代替服務制度改善策について「2022年から兵役資源が不足する中で、安全保障のためには代替服務人力の縮減が避けられない」と明らかにした。

国政懸案点検調整会議で発言する李洛淵首相=21日、世宗(聯合ニュース)

 代替服務は軍に服務する代わりに専門研究要員、産業技能要員、乗船勤務予備役、公衆保健医師など公益のために勤務する制度で、政府は1973年から代替服務制度を運営してきた。

 李氏は少子化に伴う兵役人員の減少により、代替服務制度を維持できるか、現役服務と公平性が確保されるか、代替服務を行う専門人材は適材適所に配置され、成果を出せるかなどが問題だとして、専門家などの意見を聞いて改善策を設けたと説明した。

 また、代替服務制度とは別に少子化による兵役人員の減少には根本的な対処が必要だとし、国防部の「国防改革基本計画2.0」に沿って各軍の改編を行うよう指示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。