Go to Contents Go to Navigation

在韓米軍縮小説を否定 「米国防相が駐留継続を再確認」=韓国国防部

記事一覧 2019.11.21 13:39

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部のノ・ジェチョン副報道官は21日の定例会見で、米国が在韓米軍1個旅団の撤収を検討しているとの一部メディアの報道に対し、「米国政府の公式の立場ではない」とした上で「エスパー米国防長官は先の韓米定例安保協議(SCM)で在韓米軍が朝鮮半島に引き続き駐留するとの公約を再確認した」と述べた。

在韓米軍駐留経費の負担割合を決める韓米交渉を巡り、在韓米軍の縮小が取り沙汰されている=(聯合ニュース)

 ノ氏は、韓米両国は朝鮮半島と北東アジアの平和と安定のための在韓米軍の役割と重要性について共通の認識を持っていると強調。韓米が15日にソウルで開かれたSCMで採択した共同声明は「両国の国防長官は今後も在韓米軍が朝鮮半島での武力紛争防止と北東アジア地域の平和と安定増進に重要な役割を遂行していくことを再確認した」とし、「エスパー長官は現在の安保状況を反映し、在韓米軍の現在の水準を維持して戦闘準備態勢を向上させるという公約を再確認した」と明記した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。