Go to Contents Go to Navigation

日本との2回目協議終えた韓国代表 「紛争処理委設置含め全可能性を検討」

記事一覧 2019.11.21 14:45

【仁川聯合ニュース】日本による半導体材料の対韓輸出規制強化は自由貿易の原則に反するとして韓国が世界貿易機関(WTO)に提訴した問題で、19日にスイス・ジュネーブで行われた2回目の2国間協議を終えて帰国した韓国側首席代表の丁海官(チョン・ヘグァン)産業通商資源部新通商秩序協力官は21日、「3回目協議の可能性が薄いということを前提にしたくない」とした上で、「パネル(裁判の一審に相当する紛争処理小委員会)設置を含むあらゆる可能性を総合的に検討する」との方針を示した。仁川国際空港で記者団に述べた。

仁川空港で記者団の質問に答える丁氏=21日、仁川(聯合ニュース)

 丁氏は「紛争解決手続きの各段階で2国間の対話を通じた解決の可能性は常に開かれている」と強調。2回目の協議の結果に関しては、「双方の立場(の差)は縮まらなかった。良い結果を持ってくるこができず残念だ」と述べた。ただ、「2国間協議を局長級に引き上げ、2回にわたって集中的に議論したことは意味がある」と説明した。

 韓国は日本を9月11日に提訴した。紛争解決手続きの第1段階である2国間協議を10月11日と今月19日に開いたが、議論は平行線をたどった。

 2国間協議で解決しなければ、韓国はWTOに紛争処理小委員会(パネル)の設置を要求できる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。