Go to Contents Go to Navigation

GSOMIA 日本の変化なければ23日終了=韓国外相

記事一覧 2019.11.21 15:31

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は21日の国会外交統一委員会で、23日午前0時に失効する日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「日本の態度に変化がない限り終了する」と答弁した。

国会外交統一委員会で答弁する康氏=21日、ソウル(聯合ニュース)

 GSOMIAの終了を一定期間、先延ばしする必要があるとの指摘には「日本の(対韓)輸出規制は不当で報復的であり、信頼を損ねる措置だった」として、「日本の変化がなければ決定を変える状況ではないと思う」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。