Go to Contents Go to Navigation

韓国のチョ前法相 2回目の事情聴取も供述拒否

記事一覧 2019.11.21 20:26

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地検が21日、娘の大学不正入学疑惑などに関与したとしてチョ国(チョ・グク)前法務部長官を呼び、2回目の事情聴取を行ったが、チョ氏は14日の最初の事情聴取と同様に供述を拒否した。

2回目の事情聴取を終えたチョ前法務部長官=(聯合ニュース)

 事情聴取は午前9時30分ごろから、約9時間30分にわたり行われた。検察側はさらなる事情聴取が必要との立場を示している。

 チョ氏は11日に追起訴された妻のチョン・ギョンシム東洋大教授が問われた15の罪のほとんどに関与したとされる。

 チョ氏は14日に行われた事情聴取を終えた後、弁護団を通じて自らの立場を説明する文書を出し、供述を拒否したことについて、いちいち答えて釈明することは不要だと判断したと説明。起訴されれば法廷で真実を明らかにするとの考えを伝えた。

 検察は追加の事情聴取を終えた後、チョ氏の逮捕状を請求するか決定する方針だ。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。