Go to Contents Go to Navigation

文大統領が半導体ウエハー企業訪問 GSOMIA終了控え「克日」姿勢

記事一覧 2019.11.22 13:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、半導体主要素材のシリコンウエハーを生産する中堅企業、MEMCコリア(忠清南道天安市)で開かれたシリコンウエハー第2工場の完工式に出席した。

完工式で壇上に立つ文大統領=22日、天安(聯合ニュース)

 文大統領は祝辞で、半導体産業の競争力を素材・部品・製造装置の安定供給が支えれば「半導体製造強国の韓国を誰も揺るがすことはできない」と述べた。また、「半導体産業は韓国製造業を支える柱。韓国はメモリーとシステムLSI(大規模集積回路)をひっくるめた総合半導体強国に飛躍する」と言葉に力を込めた。

 MEMCコリアは台湾のシリコンウエハー大手、グローバルウェーハズの100%出資子会社。文大統領は外国企業が全額投資した工場を訪れることで、韓国に対する半導体材料などの輸出規制を強化した日本に打ち勝つという「克日」の姿勢を強調したと受け止められる。

 特に、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が23日午前0時に迫る中での訪問は、事実上の「GSOMIA終了宣言」だと見る向きもある。

 日本が7月に半導体製造に使うフッ化水素など3品目の輸出規制を強化して以降の「脱日本依存」の努力について、文大統領は「液体フッ化水素の国内生産能力が2倍に高まり、需要企業が実証テストを行っている」などと紹介した。

 また「政府も企業の需給安定に最善を尽くしている」とし、素材・部品需給対応支援センターを設置したほか、工場の新増設の許認可、資金支援などの面で企業の困難を速やかに解決していると説明した。

 文大統領は「韓国の半導体メーカーは現在、シリコンウエハーの65%を輸入しているが、MEMCコリアの第2工場で生産が増えれば海外からの輸入分のうち9%を国内生産分で代替できる。半導体中核素材の自給を高める非常に重要な契機になるだろう」と述べ、工場の完成を祝った。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。