Go to Contents Go to Navigation

韓国・ASEANの行政革新成果を紹介 釜山で展示会開幕

記事一覧 2019.11.25 10:33

【釜山聯合ニュース】韓・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議初日の25日、韓国とASEAN10カ国の行政革新成果と協力事例を紹介する「韓・ASEAN公共行政革新展示会」が釜山の展示コンベンションセンター・BEXCOで開幕した。

釜山の展示コンベンションセンター・BEXCO(資料写真)=(聯合ニュース)

 2014年に続き2回目となる今回の展示会は、韓・ASEAN特別首脳会議の公式付帯行事として27日まで開催され、行政安全部、保健福祉部、教育部、釜山市など中央官庁と地方自治体を含む韓国の26機関とASEAN10カ国の行政革新関連コンテンツが行政革新館、ASEAN館にそれぞれ展示される。

 韓国の機関による行政革新館での展示は、第4次産業革命の技術を活用した政府革新事例の紹介に焦点を合わせた。

 関税庁の「人工知能(AI)を利用した危険物品判定X線検査装置」、中央選挙管理委員会の「情報通信技術(ICT)基盤の投開票システム」、通信大手KTの「モノのインターネット(IoT)を活用した災害対応技術」、釜山市の「スマート交通システム」などが展示される。

 ASEAN館ではタイ政府のオンラインビジネスポータル、インドネシアの行政手続管理・政策討論プラットフォーム、フィリピンの公務員教育システム、ミャンマーの国民参加政策などASEAN各国の事例が紹介され、韓国政府とASEAN各国間の協力事例も共有される。

 展示会初日にはインドネシアのジョコ大統領、タイのプラユット首相など各国の首脳のほか、閣僚級らが展示会場を訪れる予定だ。

 行政安全部は、今回の展示で韓国の公共行政発展経験と優秀事例をASEAN各国にアピールし、行政分野の協力を強化できると期待している。

 展示は警備上の問題により25日にはASEAN諸国の首脳と閣僚級代表にのみ公開され、一般観覧は26、27日に行われる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。