Go to Contents Go to Navigation

韓国とASEAN スマートシティー分野での協力巡り閣僚会議

記事一覧 2019.11.25 11:33

【釜山聯合ニュース】韓国南部・釜山で25日、韓・東南アジア諸国連合(ASEAN)スマートシティー閣僚会議が韓国国土交通部の主管で初開催され、同部の金賢美(キム・ヒョンミ)長官やASEAN加盟国の担当閣僚・次官らが出席した。同日開幕の韓・ASEAN特別首脳会議に合わせて開かれたもので、出席者は各国の都市問題の解決策を共有するとともにスマートシティー分野での継続的な協力を約束した。

釜山の金海空港で、韓・ASEAN特別首脳会議に参加する国々の国旗が翻っている(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国政府はASEANのスマートシティー市場への進出に力を入れている。一方のASEAN加盟10カ国も、新都市開発ノウハウや最先端の情報通信技術(ICT)を有する韓国とのスマートシティー共同開発事業の実施を望んでおり、積極的に協力する意向を示した。

 金氏は閣僚会議で、都市開発、安全、交通、水管理などの分野で取り組んだ韓国とASEAN間のスマートシティー協力の成果を説明するとともに、今後の協力拡大策を提示した。

 韓国政府はまず、来年から国際協力システムの「K―SCON」(Korea Smart City Open Network)を稼働させる。

 K―SCONはASEANや中南米、中東などの韓国型スマートシティーモデルに関心の高い国々を中心に構築される国際協力システムで、韓国と外国政府のコストマッチングを通じてモデル事業を推進する。K―SCONは国際公募を経て選定されたASEAN4カ国のスマートシティー総合計画(マスタープラン)の計画樹立や妥当性調査などを支援し、本事業までつながるようサポートする予定だ。

 あわせて、韓国政府は1兆5000億ウォン(約1390億円)規模の「グローバルプラント・建設・スマートシティーファンド」を設立し、このうち3000億ウォン程度をASEANのスマートシティー開発事業に投資(出資)する計画だ。

 閣僚会議では、韓国の公共機関とASEAN加盟国であるカンボジア、マレーシア、タイの地方政府・公共機関の間で、具体的なスマートシティー協力事業の推進に向けた3件の了解覚書(MOU)も締結された。

 金氏は「スマートシティーは人口集中、水害などさまざまな都市問題に直面したASEAN加盟国にとって重要なトピック。閣僚会議はASEAN加盟国とのスマートシティー分野での協力を固める契機となり、韓国とASEANの共生・繁栄を実現する一翼を担うだろう」と期待を示している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。