Go to Contents Go to Navigation

GSOMIA合意内容巡る抗議に「日本、謝罪した」 韓国が改めて主張

記事一覧 2019.11.25 11:16

【釜山聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は25日、韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を条件付きで延期すると決定したことを巡って日本の経済産業省が事実と異なる合意内容を発表したことに抗議し、謝罪を受けたとする青瓦台の発表を日本側が否定したとの報道に関し、日本から謝罪を受けたと改めて反論した。青瓦台の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官が記者らに伝えた。

韓国政府は22日、日本とのGSOMIA終了を条件付きで延期することを決めた=(聯合ニュースTV)

 青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は24日、記者団に対し「GSOMIA終了通知の効力を停止したことに関連して日本が事実と異なる合意内容を発表したことに対して抗議し、謝罪を受けた」と述べた。

 一方、読売新聞は同日、外務省幹部が「そのような事実はない」と否定したと報じた。

 尹氏は鄭室長の発言について「日本政府の誰もわれわれに『事実と異なる』『謝罪したことはない』と言ってこない」とし、「日本側が謝罪していないなら、公式ルートを通じて抗議してくるだろう」と指摘。メディアが問題を作り出しているとしながら「真実は決まっている」と強調した。

 また「読売新聞の報道があったことは事実だが、『そのような(日本が謝罪したという)事実はなかった』という報道内容は事実ではない」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。