Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の海岸砲発射 韓国政府が遺憾表明・再発防止要求へ

記事一覧 2019.11.26 08:53

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)近くの昌麟島の部隊で海岸砲発射を視察したことについて、遺憾を表明するとともに再発防止を求める方針だ。複数の政府消息筋が26日、明らかにした。

朝鮮中央通信は25日、金委員長が昌麟島の部隊で海岸砲発射を視察したと報じた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)《転載・転用禁止》

 消息筋は、北朝鮮の海岸砲発射は昨年9月に平壌での南北首脳会談に合わせて締結された南北軍事合意に違反しているとして、「北側にどのような形であれ抗議することを検討している」と伝えた。遺憾表明と再発防止を求める通知文を送る方向で検討しているようだ。

 韓国軍と情報当局は金委員長が23日に昌麟島を訪れたと把握している。当時、昌麟島の海岸砲部隊は金委員長の指示を受け、射程12キロの76.2ミリ砲を発射したと推定されている。

 同島は南北軍事合意により、海岸砲射撃が禁じられている海上敵対行為禁止区域内にある。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。