Go to Contents Go to Navigation

韓国童謡「Baby Shark」 ビルボード200に返り咲き

記事一覧 2019.11.27 14:51

【ソウル聯合ニュース】韓国のコンテンツ企業、スマートスタディーが制作した童謡「Baby Shark」が収録されたアルバムが、米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」(米現地時間26日発表)で圏外から197位に返り咲いた。

「Baby Shark」のキャラクター(PINKFONG公式フェイスブックより)=(聯合ニュース)

 このアルバムは同チャートで最高順位100位を記録しており、通算9週目のランクインとなった。同曲のシングルは1月にビルボードのシングルチャート「ホット100」で最高順位32位を記録している。

 「Baby Shark」は北米圏の伝承童謡を編曲した歌で、スマートスタディーが幼児向け教育コンテンツ「PINKFONG(ピンクフォン)」を通じ2015年に発表した。「サメのかぞく」と題した日本語バージョンもある。サメの家族を紹介する内容で、「トゥルルットゥル」と繰り返されるフレーズが耳に残る。

BTS(ビッグヒットエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 このほか、韓国の人気グループBTS(防弾少年団)と韓国大手芸能事務所、SMエンタテインメントに所属する人気男性グループのエース級メンバーからなるプロジェクトグループ「SuperM(スーパーエム)」のアルバムもビルボード200にランクインした。

 BTSのアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」は前週から90ランクダウンし、157位。

 SuperMのファーストミニアルバム「SuperM」は前週から103ランク下落した168位だった。

SuperM(SMエンタテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。