Go to Contents Go to Navigation

国際親善卓球大会 南北対決は引き分け=関係冷え込み反映し笑顔なく

記事一覧 2019.11.27 21:13

【ウラジオストク聯合ニュース】韓国、北朝鮮など5カ国が出場する「東北アジア国際親善卓球大会」は27日、ロシア極東ウラジオストクで男子団体の韓国対北朝鮮の試合が行われ、3―2で韓国が勝利した。

東北アジア国際親善卓球大会の男子団体戦で韓国と北朝鮮が対戦した=27日、ウラジオストク(聯合ニュース)

 前日行われた女子団体の南北対決では2―3で韓国が敗れたため、対戦成績は1勝1敗の引き分けとなった。

 最近の冷え込んだ南北関係を反映するように、試合を終えた両チームの選手は言葉をかけ合うこともなく握手を交わしただけだった。表情には笑顔も見られなかった。

 韓国・ソウル市とロシアの自治体が共同主管する同大会は28日まで3日間開かれ、南北とロシア、中国、日本が出場している。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。