Go to Contents Go to Navigation

ハンスト8日目の韓国最大野党代表 救急搬送=意識は回復

記事一覧 2019.11.28 08:58

【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党「自由韓国党」の黄教安(ファン・ギョアン)代表が、ハンガーストライキ開始から8日目の27日夜、意識を失い病院に運ばれた。治療を受け意識は回復したという。黄氏は日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の維持のほか、政治家・政府高官らの不正を捜査する「高位公職者犯罪捜査処」設置法案や公職選挙法改正案などのファストトラック(迅速処理案件)指定の撤回を求め、20日から青瓦台(大統領府)前の広場にテントを設置し、ハンストを行ってきた。

病院に搬送される黄氏(同党提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同党の金明淵(キム・ミョンヨン)首席報道官は黄氏の状態について、「(脈拍や呼吸など)バイタルサインは安定を取り戻した」としながらも、「気を緩められない状況」と説明した。

 同党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表は「野党代表が寒さの中でハンストを続けているのに、この政権は何の反応も示していない」と批判した。党内では黄氏が倒れたことを受け、与党や青瓦台に対する姿勢がさらに強硬になるとの見方が多い。

 自由韓国党は28日午前、緊急議員総会を開いて対応を議論する。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。