Go to Contents Go to Navigation

ソウル市 外国人11人に韓国名を命名=248人が応募

記事一覧 2019.11.28 13:59

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は28日、外国人を対象に韓国名を付けるプログラムに応募した52カ国の外国人248人のうち、10カ国の11人に韓国名を付けたと発表した。

直筆の韓国名が書かれた文書を手に持つ朴市長(ソウル市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ソウル市は10月から韓国文化に関心を持つ外国人を対象に韓国名を付けるプログラムを実施している。

 今回選ばれた11人は、韓国人と結婚した人や韓国人の子どもを養子に迎え入れた人、韓流ファンなどさまざま。

 韓国名は、応募者が名前に込めたい意味やエピソードなどを考慮し、ハングル団体とソウル市が付けた。11人には朴元淳(パク・ウォンスン)市長直筆で韓国名が書かれた文書が贈られる。

 10月9日の「ハングルの日」を記念し実施した募集に続き行われた2次募集には549人が応募した。来月7日まで3次募集が行われる。ソウル市外国語ホームページ(http://japanese.seoul.go.kr/)から申し込むことができる。

 朴市長は「日本による植民地時代に朝鮮の独立運動を報じた英国のジャーナリスト、アーネスト・ベセルは韓国名ペ説(ペ・ソル)で活動した」と紹介しながら、「このプロジェクトは世界の人々と意思疎通するきっかけになるだろう」と述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。